パナソニック ヘルスケア株式会社

e-開業ことはじめ

新規開業支援

「e-開業ことはじめ」

イメージ

「e-開業ことはじめ」は、医院・診療所・クリニックの開業を目指す先生の心得として、最低限知っててほしい事柄や見落しがちな経営的課題をテーマに、楽しく読みやすい漫画仕立てのストーリー展開で学ぶ、弊社が独自開発したe-ラーニング学習システムです。

学習目標

本教材を使って学習を進めていただくことで経営に関する皆さんの理解は次第に進んでいくものと思いますが、「e-開業ことはじめ」で一貫して述べているクリニック経営とは、クリニック経営者が抱いている「ビジョン」を達成することが最大の目的です。そのための原動力となるものが、クリニック経営の仕組みです。

皆さんにはまだ、「経営」という言葉と、「仕組み」という言葉が馴染まないかもしれませんが、皆さんが開業し、自分が理想とする良い医療を提供するためには、様々な経営資源を組合わせた体制を作ることから始めます。経営資源とはスタッフの総合力の場合もあれば、患者さんの訴えを聞く体制であるかもしれません。お金の流れを確立することも重要です。
クリニック経営者はこれら全てのことに、自分が対峙しなければなりません。いざ開業すれば予想していなかった問題も発生します。上手くいっていたとしても、いつ状況が変化するかという不安が付き纏います。日常に目が奪われ、開業動機も忘れがちになることでしょう。ですから経営の仕組みが必要となります。スタッフの総合力を育成することは経営の仕組みの1つの要素です。スタッフ総合力を活用する院内業務のあり方や、能力を発揮したスタッフを適切に処遇することも経営の仕組みの要素となります。
自分のクリニックの特長を生かした独自の仕組み作りが、他のクリニックとの違いを生みます。経営の仕組みを作り、運用し、改善するという一連の活動が経営活動です。

本教材では各単元毎に、経営の仕組み作りの上で重要なそれぞれの要素をご紹介しています。単元1~9までに分け、経営の全体像を網羅しました。各単元が全体の中でどのような役割であるか、下図に示します。また初めて経営の概念に触れる方にとっても分かりやすいように、各単元の内容は焦点を絞って解説しました。
本教材を通して経営の基本を学習してください。開業を志された皆様に、気づきが得られることを願っております。

「e-開業ことはじめ」受講カリキュラム

【単元1】経営理念とビジョン 開業への実感をつかむために、今現在自分が持っている未来のビジョンを具体化し実感して頂きます。
【単元2】コンセプトとセグメンテーション 医院のビジョンやコンセプトを明確にすることで、他の医院との差別化や、自身の医院のターゲットとする患者さんを絞り込む事ができます。 そのために、必要となる方法の1つを紹介致します。
【単元3】戦略分析 自分の長所や足りない所を認識し、問題解決への足がかりとするために、医院の戦略をSWOT分析と言う分析方法で、4つ(強み・弱み・好機・脅威)に分類し分析する方法を紹介します。
【単元4】診療圏理論と地域連携 開業する地域の情報は、地図や、実際に訪れただけでは分かりません。そこで、開業する地域の重要な情報を得るための調査方法の1つである、診療圏調査を紹介します。 診療圏調査では、競合クリニックや診療圏内の人口の推移など、医院経営に直接関わってくる情報を得ることができます。
【単元5】ユニバーサルデザイン 医院に来るたくさんの患者さんに使いやすく、また、スタッフも動きやすいユニバーサル・デザインを使用した医院の作り方を紹介致します。
【単元6】業務の流れ 医院に患者さんがたくさん来て、長時間患者さんを待たせてしまう… こんな事にならないように、院内の動線の作り方や業務の効率化の仕方を解説していきます。
【単元7】人材育成 患者さんやスタッフとのコミュニケーションの取り方で、相手に与える印象はずいぶん変わってきます、 そこで役立つ、簡単に個人の特性を9つのタイプに分析するエニアグラムという分析方法をご紹介致します。
【単元8】事業計画書 開業を目指す上で最後に必要となる事業計画書。 その重要性と、仕組みをツールを使い説明致します。
【単元9】バランススコアカード(BSC) 単元の最後として、ご紹介してきた単元の内容のまとめになります。

お申し込みはこちら(無料)

※「MEDICOM」および「メディコム」は、パナソニック ヘルスケアホールディングス株式会社の登録商標です。