パナソニック ヘルスケア株式会社

適温配膳車

デリカート再加熱カート

特長

適温配膳車デリカート再加熱カートが、ニュークックチルシステムを協力にサポートします。

パナソニック ヘルスケアがこれまでに培った温調技術、走行技術を活かし、冷蔵保存~再加熱~配膳とニュークックチルシステムに対応した温度配膳車をご提案します。



パワーアシスト機能

内蔵されたモーターが引く人の力に合わせて補助してくれるので、自分のペースで走行できます。

タッチパネル

加熱や冷却の開始や温度設定などはタッチパネルで操作できます。カラー液晶で分かりやすい日本語表示です。
操作画面の背景が、加熱・冷却中は赤色、全室冷却中は青色と、運転状況が一目でわかります。

温度・運転時間設定

朝食、昼食、夕食用にそれぞれ加熱温度の設定が可能です。

週間プログラム設定

月~日の朝/昼/夕それぞれの加熱開始時間を設定できます。

グラフ表示

カート本体で庫内温度推移をグラフとして確認できます。

※この画像はイラストデータなので実際の画面とは異なります。

仕様・オプション

熱保護ドアロック

加熱運転が始まると自動的に全てのドアがロックされます。高温状態の庫内に手を触れるのを防ぎます。

トレーリバーシブル

トレーを左右逆にしてセットができます。夏場、冬場の季節メニューに合わせたお食事をご提供できます。

温度管理システム(共通オプション)

無線通信で、監視パソコンから各カートの状況を確認できます。庫内温度データを24時間記録します。

カート型のオプション

両側ハンドル

前後でハンドルを引くことができます。

前ハンドル(標準装備)/ 後ハンドル(オプション)

走行メロディー

「メリーさんの羊」のメロディーでデリカートの接近をお知らせします。

カート着脱間仕切

間仕切が丸ごと取り出せます。複数台あれば、次回分の食事をセットして大型冷蔵庫で保存できます。

外観

作業の流れ

クックチルのおもな流れ

通常の適温配膳車としてもお使いいたけます。

朝はニュークックチル。昼・夜はクックサーブと、2つの方式を併用して使用可能です。