パナソニック ヘルスケア株式会社

ENVIRONMENT 環境活動

2015年度 パナソニック ヘルスケア株式会社 脇町地区

2015年度:2015年4月1日~2016年3月31日

環境重点テーマの取組み

目 標 成 果
生産CO2排出量を3,224t以下 省エネタイプの実装ラインの導入等により、CO2排出量を 3,077t と目標を達成しました。
積極的な省資源削減活動の推進 各部門1件以上の省資源削減活動を実施しました。
地域環境活動への参画 アドプト吉野川の清掃活動(2回/年)、工場周辺の清掃活動(5回/年)、530運動(1回/年)の実施を行いました。

環境負荷削減の取り組み事例

省エネルギーの取組み

省エネルギーの取組み イメージ

<内容>
コンプレッサー老朽化の為
高効率の機器に更新
吐出量
旧:12.2㎥/min→新:13.2㎥/min
削減電力量 ・・105千kWh/年
削減CO2排出量・・43.2 CO2-t/年

環境コミュニケーション事例

アドプト吉野川の清掃活動

アドプト吉野川の清掃活動 イメージ

アドプト吉野川とは、地元企業や住民が河川敷の一定区間を子供にみたて、里親となり養子縁組(アドプト)し、里親のように養子である河川敷の清掃活動を行うボランティア制度で当地区は2000年から参画しています。
2015年度も2回、吉野川の清掃活動を実施しました

実施日:2015年10月17日(土)、 2016年3月12日(土)

”530運動”活動

”530運動”活動 イメージ

地域貢献活動、環境保護活動の一環として、労使共済による”530運動”を、従業員・組合員とその家族で、脇町地区の道路周辺のゴミ回収を2ルートに別れ実施しました。

実施日:2015年 5月30日(土)

緊急事態への準備と対応

考え方と訓練計画

地球環境に対する負荷が高い廃液等について、その緊急時を想定した緊急事態訓練の作業手順書を策定し、その環境側面に従事した人を対象に手順書に基づいた緊急事態訓練の実施を年1回実施しています。

緊急事態訓練の実施内容

緊急事態想定内容:廃液運搬中、容器破損で廃液流出

緊急事態訓練の実施内容 イメージ

緊急事態訓練の実施内容 イメージ

  • 土嚢等の取扱い、排水路・最終排水口の閉鎖の訓練
  • 発見から緊急事態の収集までの連絡網の確認
  • 該当手順書(緊急対応作業手順)の熟知

脇町地区 エネルギー使用量

脇町地区 エネルギー使用量

脇町地区 CO2排出量(t)

脇町地区 CO2排出量(t)

脇町地区 廃棄物・有価発生物

脇町地区 廃棄物・有価発生物