パナソニック ヘルスケア株式会社

CAREERS 採用情報

社員インタビュー | 髙野 祐典

入社年 2013年
専攻 商学部
担当 研究支援機器の特約店営業・お客様への販促活動
キャリア 営業

先輩はどんな仕事をしていますか?

研究機関で使用されている薬用保冷庫・超低温フリーザーや細胞培養機器などのバイオメディカ製品の営業をしています。担当地域は都内9区の大学・官庁・民間企業です。私たちはお客様に直接販売をしておらず、特約店と呼ばれる専門商社を経由して販売しています。特約店からいただく購入案件に対して、お客様(エンドユーザ)が求めている最適な製品をご提案します。時には特約店に同行してお客様をご訪問し、機器メンテナンスや新製品ご紹介などお客様により良い研究環境を提供できるようプロモーションしています。
また特約店との連携も大切です。日常的にお客様と接している特約店の方と積極的にコミュニケーションを図り、市場の状況やニーズを把握して販促に反映させます。
バイオメディカ製品を通じて先端医療の研究に貢献していることを実感できる仕事です。

入社の決め手は?

就職活動を進める中で、私はメーカーを志望するようになりました。今まで存在していなかった新しいモノを世に送り出すことに魅力を感じたからです。数あるメーカーから医療機器を選んだ理由は、医療機器産業が今注目を集めているからです。 日本では少子高齢化が進行しており、医療に対するニーズは増加する一方です。医療は、成熟化している国内市場の中で数少ない成長市場であり、とりわけ医療機器は日本の強みでもあるモノづくりの技術を活かせるフィールドとして期待が高まっています。 当社にはバイオメディカ・メディコム・診断薬という3つの大きな事業がありますが、どの事業においても国内業界トップシェアを維持しています。今まで培ってきたそのノウハウを活かし、成長市場である医療に対して更なる貢献ができると確信したので入社を決めました。

仕事のやりがいや魅力、嬉しかったエピソードを教えてください。

私たちはお客様に喜んでもらえる製品を提供できるよう日々努めています。
しかし、上述のように私たちは直販ではなく、最前線で営業している特約店に販売いただいております。私たちメーカーと特約店、特約店とお客様(エンドユーザ)の信頼関係が構築できて初めてお客様に製品をお届けすることができるのです。
私は、バイオメディカ製品は特約店とお客様が信頼関係を深められる1つのツールだと考えています。バイオメディカ製品を通して特約店がお客様から感謝されることが何よりも嬉しく、特約店にもお客様にも貢献できたことを実感することができます。

今後の目標は何ですか?

先端医療研究を支える機器でトップシェアのバイオメディカ事業は、医療市場の更なる発展を牽引していくのが使命です。そのためには私たち営業の役割が大変重要です。特約店・お客様(エンドユーザ)と日々接している営業が市場のニーズを的確に捉え、次世代の医療研究を支援する機器の開発に繋げていかなければなりません。
まだ私は限られた市場しか担当しておりませんが、今後は他の地域の経験も重ね、マーケティングスキルを磨いていくことで、企画や開発など他部署との連携に影響力を持った市場の代表者として早期に事業に貢献することが目標です。

ある日のスケジュール

ガンバレ!後輩へのメッセージ

就職活動は自分の将来を考える絶好の機会です。限られた情報・時間の中で様々な決断をしなければならず大変難しいとは思いますが、初めから視野を狭めずに是非多くの企業に足を運んでください。色々な人と話をしていくうちに自分のやりたいことが明確になってくると思います。
自分に自信を持って、最後まで諦めずに頑張ってください!