パナソニック ヘルスケア株式会社

マルチガスインキュベーター

MCO-170MUV

内容量
161L
温度制御範囲
室温+5〜50℃

■品番構成比較
品     番 仕 様 構 成
MCO-170MUVH-PJ 銅合金ステンレス搭載/UV殺菌システム搭載/電気錠搭載/H2O2除染システム搭載
(H2O2発生器(MCO-HP)は付属しません)
MCO-170MUV-PJ(本機)
銅合金ステンレス搭載/UV殺菌システム搭載

特長

内装品80%削減 棚受けなし 収納効率向上

器内の部品点数を約80%削減。器内清掃時間を大幅に削減、作業性が向上しました。
また、棚受けを内箱一体式にすることで、トレイの面積を大きくし、より多くの培養容器が設置可能になりました。
※MCO-19シリーズとの比較 当社基準による
■内装品新旧比較

■トレイ新旧比較

WVGAフルカラー液晶タッチパネル

WVGAフルカラー液晶タッチパネルを採用。さまざまなプロトコルを集中管理できます。
抵抗膜式タッチパネル採用により、手袋をした状態でも操作が可能です。

■セキュリティー機能

Auto-Lock
扉の施錠が設定できます。
さらにUser-IDとパスワードを設定することで、扉開閉を限られた人のみに制限できます。(最大99個まで)
※MCO-170MUVHは標準装備。MCO-170MUVは、電気錠オプション(MCO-170EL)取付時。

key Lock
パスワードを設定することで、コントロールパネルの操作を制限できます。
■USBポート

パネル横のUSBポートから、USBメモリーへログデータを移行、PCで簡単に管理可能です。
(記録期間は、2分間隔の場合1.5カ月分)
取得データパラメーター
・器内温度
・器内CO2濃度
・扉開閉
・アラーム

2時間半で完了 H2O2高速ECO除染

H2O2(過酸化水素)で器内を除染します。全除染工程約135分、準備時間を入れても約2時間半の高速除染が可能です。
※作業時間は当社測定によります。器内清掃や内装部品設置等の作業時間によって除染時間が変動します。


■H2O2(過酸化水素)除染組み合わせ(●標準装備▲オプション)

 品名・品番 MCO-170MUVH MCO-170MUV 
除染基板 MCO-170HB-PJ  ●  ▲
電気錠 MCO-170EL-PJ  ●  ▲
H2O2発生器 MCO-HP-PJ  ▲  ▲

「培養しながらコンタミネーション防止」メカニズム

細胞培養において、最大の“なやみ”はコンタミネーションです。温度制御技術が向上した現在、インキュベーター製造各社が、コンタミネーション防止機能を特長にしています。
当社は、フィルターの交換作業や培養を中断して、予備のインキュベーターに細胞を移すといった、わずらわしい作業をすることなく、“培養しながらコンタミネーション防止”にこだわりました。

安定したCO2制御

2つの赤外線波長を同時に測定するCO2濃度測定「デュアルIRセンサー」
を搭載。 安定したCO2制御が可能となりました。

結露の低減

外部環境や扉開閉頻度などの影響による器内の結露発生を自動制御で低減します。

リバーシブル扉・2段積み設置

設置場所や周辺機器の配置に合わせて、扉開閉方向をお選び頂けます。また、固定金具(オプション)の使用で、2連チャンバーとして使用できます。
※ローラーベースに搭載の場合は、各営業所にご相談ください。
※2段積みする場合は必ずオプションの2段積用金具・2段積用スペーサーを使用ください。




仕様

メーカー希望小売価格(税・据付搬入費別)

寸法

カタログダウンロード

外観

紹介ビデオ

ビデオマニュアル

  1. 01 内装品の取り外し

  2. 02 内装品の取り付け

  3. 03 H2O2除染のしかた

  4. 04 UV殺菌システム24時間点灯方法

  5. 05 加湿トレイへの給水方法

  6. 06 電気錠オートロック機能 パスワード設定

  7. 07 電気錠オートロック機能 解除方法

  8. 08 USBによるログ抽出

  9. 09 移設などによる再セットアップ

  10. 10 CO2ガスボンベの接続

オプション

商品カテゴリ

Topics

ワイヤレスモニタリングシステムのご提案
ライフサイエンス機器を「ワイヤレス」・「リアルタイム」でモニタリング
超低温保存のご提案
超低温保存のご提案
あなたの大切な試料を、幅広い温度帯とラインアップで安定保存。
パナソニック ヘルスケアからの「凍結保存ソリューション」