パナソニック ヘルスケア株式会社

NEWS ニュース

News

プレスリリース:コニカミノルタと超音波診断機器に関する事業譲渡契約を締結

2013年7月26日
パナソニック ヘルスケア株式会社

パナソニック ヘルスケア株式会社(本社:東京都港区、社長:山根 健司、以下 パナソニック ヘルスケア)は、コニカミノルタ株式会社(本社:東京都千代田区、社長:松﨑 正年、以下 コニカミノルタ)への超音波診断機器関連事業の譲渡に関して合意に至り、この度契約を締結しました。

パナソニック ヘルスケアは、これまで医療用超音波の研究・開発、超音波診断機器の製造・販売に携わってまいりましたが、コニカミノルタと共同で超音波診断機器の開発を進める中で、超音波診断機器を含めたヘルスケア事業の拡大を目指すコニカミノルタに当該事業を譲渡することが、さらなる発展につながると判断しました。また、超音波診断機器は、リアルタイムでの画像診断が可能かつ低侵襲であるため、繰り返し検査を行っても患者様の身体的負担が軽いという利点があり、将来的にも市場の伸びが見込まれています。

今回の譲渡契約締結により、パナソニックブランドの超音波診断機器の販売・保守を除いて、パナソニック ヘルスケアの持つ超音波診断機器の企画、開発、製造、販売、保守などに必要な資産は、2014年1月1日付けでコニカミノルタに譲渡されます。なお、現在パナソニック へルスケアがOEM供給しているお客様との取引関係も引き継がれ、コニカミノルタが担当します。

パナソニック ヘルスケアは、血糖値測定システムなどの診断薬事業や医療ITのメディコム事業、ライフサイエンス機器のバイオメディカ事業を主力事業としてさらに強化すべく、一人ひとりに最適なヘルスケアを実現するために、お役立ちし続ける企業を目指してまいります。

報道関係者様 お問い合わせ先

パナソニック ヘルスケア株式会社 経営企画グループ 広報チーム TEL:03-5408-7293

以上

プレスリリースの内容は発表時のものです。 商品の販売終了や、組織の変更等により、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。