パナソニック ヘルスケア株式会社

NEWS ニュース

News

プレスリリース:歯科用口腔内カメラ「デンタルアイ」を発売

2010年10月8日
パナソニック ヘルスケア株式会社

高度な色再現と歪みをおさえた鮮明な画像を再現 歯科用口腔内カメラ「デンタルアイ」を発売

品名 歯科用口腔内カメラ
愛称 デンタルアイ
発売日 2010年10月上旬

パナソニック ヘルスケア株式会社(本社:愛媛県東温市、代表取締役社長:山根健司)は、10月上旬に、高度な色再現を実現し、オートフォーカス機能によるスピーディな撮影を可能にした歯科医師向け歯科用口腔内カメラ「デンタルアイ」を発売します。

現在の歯科用口腔内カメラには、色再現の悪さ、ピントが合わない、手ぶれがするといった不満があります。本製品では、複数のレンズを用いることで画像の歪みを補正し、独自開発の画像処理エンジンにより高度な色再現を実現しました。また、新開発の複合レンズのオートフォーカス機能により、接写から唇側面、最後臼歯遠心面まで、スピーディで手軽な撮影も可能になりました。静止画、動画の手ぶれ補正機能も搭載しています。

当社では、これまで培ってきたビデオカメラ技術を結集し、患者様、術者様の精神的・身体的負担を軽減し、診療効率の向上に貢献できる製品を展開してまいります。

【主な特長】

  • 複数のレンズで画像の歪みを補正、独自開発の画像処理エンジンにより高度な色再現を実現
  • 新開発の複合レンズのオートフォーカス機能で接写から最後臼歯遠心面まで、スピーディで手軽な撮影が可能
  • 静止画、動画に対応した手ぶれ補正機能を搭載

お問い合わせ先(商品窓口)

パナソニック ヘルスケア株式会社 マーケティング本部
営業総括センター 営業第2グループ 池田 電話:0897-56-1210

お問い合わせ先(商品窓口)

パナソニック ヘルスケア株式会社 マーケティング本部
企画グループ 企画チーム 小林 電話:045-939-1201

開発の背景

歯科用口腔内カメラの3大不満要素「色再現が悪い(38%)」、「ピントが合わない(24%)」、「手ぶれがする(18%)」(当社調べ)を解決するために開発された製品です

特長

1. 複数のレンズで画像の歪みを補正、独自開発の画像処理エンジンにより高度な色再現を実現

複数のレンズを用いて画像の歪みを補正し、独自開発の画像処理エンジンにより高度な色再現を実現。術前術後の口腔内を正確に再現した画像を、パソコンに接続して表示できます。

2. 新開発の複合レンズのオートフォーカス機能で接写から最後臼歯遠心面まで、スピーディで手軽な撮影が可能

新開発の複合レンズのオートフォーカス機能で、接写から唇側面、また口腔内の撮影で特に困難とされる上顎7番・8番の遠心面も、手軽にスピーディな撮影が可能。

3. 静止画、動画に対応した手ぶれ補正機能を搭載

4. 上下2箇所のシャッターボタンを採用

レンズの向きを気にせず、どんな角度でも容易な撮影が可能。

5. パソコンやテレビモニターに接続した状態で撮影が可能

6. 付属の画像撮影・再生・管理ソフトウェア「デンタルアイビューア」を使うことで、静止画と動画をパソコンに記録保存し、画像再生、管理が可能

主な仕様

品名(一般的名称) 歯科用口腔内カメラ
愛称(販売名) デンタルアイ
医療機器届出番号 38B1X00003000005
製造販売元 パナソニック ヘルスケア株式会社
本体サイズ 長さ237mm×幅29mm×高さ36mm
重量 210g(カメラケーブル含む)
シグナルシステム EIA規格・NTSCカラー信号
撮像素子 1/6型CCD 68万画素
有効画素 35万画素
付属物 ACアダプター、ケーブル中継ボックス、ケーブル中継ボックス固定ホルダー
ACコード ※1.8m/シールドなし
USB接続ケーブル ※5m/フェライトコア付き/シールドあり
ビデオケーブル ※5m/シールドあり、カメラスタンド(縦差込み型)
CD-ROM ※ソフトウェアの取扱説明書を含む ディスポーザブルカバー(20枚入り)、取扱説明書、添付文書、保証書
発売日 2010年10月上旬
以上

プレスリリースの内容は発表時のものです。 商品の販売終了や、組織の変更等により、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。