パナソニック ヘルスケア株式会社

特長

薬歴の記録を、価値ある情報へ

今や電子薬歴は多機能・高性能な薬局業務支援ツールとして、薬局内で重要な役割を果たしています。
様々な情報をもれなく集め、患者さんを取り巻く環境をも俯瞰的に管理し、薬局スタッフ全員で情報を共有する。そんな最上の顧客台帳システムを提供したいという考えからDrugstarPrimeは生まれました。

薬局情報共有システム DrugstarPrime

チームプレイを支援

新しい技術を用いることによって実現した画面表示のリアルタイム更新など、薬局業務を円滑にするサポート機能を強化。 薬局内の連携を支援することにより、薬局業務がよりスピーディーに行えるようになりました。

操作性向上

システムに薬局の運用を合わせるのではなく、業務とアプリケーションを一体化することで、操作のしやすさを向上させました。機械の操作に不安をお持ちの方でも、実務と操作が一致しているので手順に迷いが生じません。

進捗状況をリアルタイムで表示

薬歴画面の操作ナビゲーションパネルには、業務完了チェックと作業時間が表示されます。この情報は受付画面と連動しており進捗状況をリアルタイムで確認することができます。窓口において調剤室の状況を把握することもできます。

薬局情報共有システム DrugstarPrime
患者概要パネル

同時操作/複数薬歴表示

患者さんの薬歴画面は複数の担当者で同時に開くことができます(同時操作)。また、1つのPCで複数の患者薬歴画面を同時に開くこともできます(複数薬歴表示)。作業中の担当者名が調剤手順パネル上に表示されますので、薬局内の状況をスタッフ全員で共有することができます。

PC移動もスムーズ

PCを移動して作業を行うようなシーンも快適にサポート。
ログオフした時の状況をそのまま保持していますので、仮に別PCで再ログインしたとしてもログオフ時に表示していた薬歴画面が自動的に展開されます。

視覚的効果で見やすい

煩雑化する薬歴の記録を、価値ある情報へ。このコンセプトを具現化した画面構成により、快適なオペレーションを実現しました。

受信と同時にチェックを開始

レセプトコンピューターでの入力後、Prime にて受信すると同時にデータベースを利用した処方との整合性チェックが行われます。特に注意しなければならない情報は色彩やマークなどで視覚的にわかりやすく表示。受付業務を適確にサポートします。

同時進行でお待たせしません

受付カウンターでは患者さんの情報収集を、調剤室では処方の監査を実施。このように、一人の患者さんの薬歴を複数の担当者で同時に操作することができるので、患者さんの待ち時間短縮にも役立ちます。

薬局情報共有システム DrugstarPrime
薬歴画面

一画面で患者さんの状態を把握

一画面の中で必要な情報を表示するというコンセプトの元に待受画面や薬歴画面を構成しました。指導文やサマリーを表示する機能により、分散する情報から患者さんの状態変化や経過を容易に抽出することができます。

処方の問題点を見逃さない

様々な角度から処方内容との整合性をチェック。データベースの充実が、処方監査の可能性を広げました。

俯瞰的な処方監査を実現

併用薬・OTC薬・患者指定薬に加え、病名・アレルギーはもちろん、妊娠・授乳といった女性特有の体調情報も含めて、様々な角度から処方内容を監査します。豊富なデータベースから得られる監査結果を視覚的にわかりやすく表示。処方内容の整合性チェックを強力にサポートします。

禁忌データ×推測病名データ

添付文書の「禁忌」「原則禁忌」欄から禁忌病名を抽出したデータと、「効能・効果」欄から病名を抽出した推測病名データを組み合わせることで禁忌疾患への禁忌薬投与などの矛盾点を見つけることができます。(推定禁忌チェック)

薬局情報共有システム DrugstarPrime
処方監査

アンケートとの連動

監査項目の内容が変更されると自動で再監査を開始します。服用歴管理アンケートとリンクしていますので、合併症や併用薬などアンケート画面で入力した内容がリアルタイムで監査項目に反映されます。

集めた情報から薬歴を作る

患者さんと会話をしながら、服薬指導と情報収集を同時進行。聞き取った内容は、価値ある情報として蓄積されていきます。

コミュニケーションから情報収集

窓口では処方せんの受付とともに、会話を通して様々な情報収集が行われると思います。コミュニケーションを大切にした患者さんお一人おひとりに対するきめ細かい指導をサポートするために、確認するべき内容はTODOリストがお知らせします。

テーマという新たな概念

患者さんに確認しなければならないことや、案内しなければならないことをTODOリストとして一括で管理します。処方監査で設定したテーマを、患者情報収集にて実施・管理していきます。患者さん個々にテーマを作成することで、よりきめ細かい服薬指導が行えます。

薬局情報共有システム DrugstarPrime
患者情報収集

ストレスフリーな薬歴記録

各調剤手順を進めることで、それぞれの業務で確認した内容を指導文として「下書き」していきます。必要に応じて編集や追記を行って薬歴の記録を完了します。過去薬歴や医薬品情報(添付文書・くすりのしおりなど)を参照、および引用することが可能です。

データベース

様々なシーンに対応する、各種データベースを搭載。添付文書データや、画像とイラストを多用した重篤副作用疾患別対応マニュアルなど、視覚的なデータをより強化しました。

  • 添付文書データ(JAPiC):約18,000品目収載
  • 重篤副作用疾患別対応マニュアル※1
  • OTC 薬情データ
  • アレルギー情報データ※2
  • 禁忌データ※2
  • 推測病名データ※2
  • 薬剤師病名テーブル※2
  • アレルギー情報データ※2
  • 添付文書情報(提供元:財団法人日本医薬情報センター[JAPIC])
  • 相互作用データ※2
  • チトクロームP450(肝薬物代謝酵素を考慮したデータ)※3
  • OTC薬相互作用データ※2
  • OTC薬情データ
    (提供元:セルフメディケーション・データベースセンター)
  • くすりのしおり®データ※4

※1)監修 北海道薬科大学 社会薬学系医薬情報解析分野 准教授 岡﨑光洋先生

※2)作成元:株式会社メディファーム

※3)千葉大学大学院薬学研究院高齢者薬剤学研究室との共同研究 医薬品情報学 Vol.12 No.3 「CYPデータベース薬物相互作用チェックシステムを用いた副作用症例情報の解析」

※4)くすりの適正使用協議会開発の「くすりのしおり® 」を使用しています。


保険薬局向けソリューション導入事例

レセコン・電子薬歴やチェーン薬局様の事例を紹介します

※本製品は、医療機器に該当する機能は含まれておりません。

※処方監査に係る機能は、医薬品の添付文書等の公知の資料に基づき参考情報として表示しています。調剤に係る決定は、薬剤師の判断で行ってください。

※本システムを使用した医薬品に関する情報提供においては、必ず薬剤師が内容の確認をしたうえで、患者さんに説明を行ってください。

※検査値データをグラフ表示する機能については、服薬指導や患者への説明用途としてご活用ください。

※「くすりのしおり」は、くすりの適正使用協議会の登録商標です。

※レセプトコンピューターを電子薬歴が同一のサーバー上で「一体化」し、省スペース化とネットワーク機能の拡充を図るシステムもあります。

※DrugstarPrimeは東日本メディコム株式会社の商標または登録商標です。

※「MEDICOM」および「メディコム」は、パナソニック ヘルスケアホールディングス株式会社の登録商標です。