パナソニック ヘルスケア株式会社

薬局業務の効率化と患者さんの満足度向上に貢献。
メディコムは最新のITのチカラで保険薬局をサポートします。

電子薬歴システム

メディコムが育んできた実績あるレセコンと、薬剤師さんの声に耳を傾けた電子薬歴を完全融合。処方せん受付から鑑査・調剤・服薬指導への流れを迅速・確実に進めることで、患者さん一人ひとりとのコミュニケーションを大切にした満足度の高いサービスを提供します。

質の高い患者サービスを実現する電子薬歴システムのスタンダードモデルです。操作は簡単で、もちろんSOAP形式にも対応。さまざまなデータベースを活用し、服薬指導と患者サービスをより充実させたい保険薬局様におすすめ致します。※1

医事システム

「真正性」「見読性」「保存性」の3つの基準をシステム内に実装し、薬歴と調剤録の電子保存をレセコンだけで実現。また、これまでの使い勝手の良さはそのままに、さらに安心のサポート機能を搭載し、今、したい操作をシステムがナビゲートします。

周辺ソリューション

今や電子薬歴は多機能・高性能な薬局業務支援ツールとして、薬局内で重要な役割を果たしています。様々な情報をもれなく集め、患者さんを取り巻く環境をも俯瞰的に管理し、薬局スタッフ全員で情報を共有する。そんな最上の顧客台帳システムを提供したいという考えからDrugstarPrime※2は生まれました。

本部と各店舗をインターネットで繋いで経営革新。本部では、経営状況の把握と分析が可能、また店舗では日常業務の軽減が図れます。まさにチェーン薬局経営のベストソリューションです。


安心なネットワークを利用し、各店舗の患者情報をデータセンターに集約することで、薬局外での時間外問い合わせ対応をスムーズに行えたり、他店舗にかかりつけの患者さんが自店舗に来局されても新患時に住所や薬歴表紙が取り込みるなど、地域に密着したより利便性の高い患者サービスの提供が可能になります。

在宅医療共有システム Medicom-HcLink

メディコムの電子カルテ/電子薬歴システムとの連動により、記録の二度手間削減や作業時間短縮など業務の効率かも実現。
これからの地域包括ケアシステムの推進に不可欠な相互連携を支えます。


※1 DrugstarCereb2 EXの開発元は東日本メディコム株式会社です。

※1 DrugstarCerebは東日本メディコム株式会社の商標または登録商標です。

※2 DrugstarPrimeの開発元は東日本メディコム株式会社です。

※2 DrugstarPrimeは東日本メディコム株式会社の商標または登録商標です。

※「MEDICOM」および「メディコム」は、パナソニック ヘルスケアホールディングス株式会社の登録商標です。