パナソニック ヘルスケア株式会社

特長

ニーズが高まる在宅医療を、ITによるきめ細やかなスタッフ間連携で支援

クラウドベースの情報共有/コミュニケーション支援システム。

医療・介護従事者の間で分散している患者さん情報を、いつでもどこからでも閲覧したり、記録したりできることで、在宅チームのシームレスな連携がはかれます。
しかも、メディコムの電子カルテ/電子薬歴システムとの連動により、記録の二度手間削減や作業時間短縮など業務の効率化も実現。
これからの地域包括ケアシステムの推進に不可欠な相互連携を支えます。

堅牢なセキュリティ / 情報共有サーバー

機能概要

医師

訪問前に患者さんの状況を確認。その場で指示内容の共有が可能。

患者さんのこれまでの状況を訪問前に確認することができ、より効率のよい訪問診療の準備が可能に。
また、他の在宅チームスタッフの訪問スケジュールを確認しながら指示を出すこともできます。

訪問スケジュール 画面イメージ

電子カルテとの連動で情報を共有し、記録作成の手間を軽減。

在宅チームにとって、電子カルテに記載された経過や特記事項(アレルギー等)などは大切な情報。
Medicom-HCLink ならMedicom-HRVから必要な情報をアップロードして簡単に共有できます。
また、医療機関に戻ってきてからの記録作成も、Medicom-HRVで訪問時の情報を閲覧しながらカルテ入力が可能。診療内容はコピー&ペーストでカルテに取り込めますから二度手間がありません。

情報共有サーバー イメージ

薬剤師

共有情報を活用して、より適切に服薬を管理。

アレルギーなど患者さんの特記事項情報を確認してから服薬指導が行えます。また、他の在宅チームスタッフの訪問スケジュールを確認することで、服薬の管理もしやすくなります。

共有情報 画面イメージ

電子薬歴から訪問時服薬指導報告書を簡単共有。

提出する訪問時服薬指導報告書を簡単にPharnesIII-MXからMedicom-HCLinkへアップロード可能。
在宅チーム内で情報共有できます。

情報共有サーバー イメージ

看護師・介護士

医師からの指示事項を確認。訪問先で記録入力が可能。

訪問先で医師からの指示事項を確認し、患者さんのバイタルや生活状況をその場で入力することが可能。また、入力した情報は、施設に戻ってから記入する報告書作成に活用できるので、事務作業の負担も軽減できます。

記録入力 画面イメージ

画像で共有すれば、伝えたいことも一目瞭然。

例えば、言葉ではなかなか伝わらない情報も、撮影した画像をMedicom-HCLinkにアップロードすることでビジュアルで伝達可能。患者さんに関する大切な情報をより詳細に共有することができます。

画像確認 画面イメージ

ケアマネジャー

在宅チーム内のスケジュールを調整・共有。

在宅チーム各スタッフの行動予定を把握し、在宅患者や施設の訪問スケジュールをカレンダー上で調整可能。その結果をリアルタイムにスタッフ間で共有することができます。

スケジュール調整・共有 画面イメージ

計画書やケアプランの共有も容易。

在宅チームのスタッフが共通の目的意識を持つことはとても大切。計画書やケアプランの共有を容易にすることで、患者さんにいっそう細やかな医療・介護サービスを提供することが可能になります。

計画書やケアプラン共有 画面イメージ