パナソニック ヘルスケア株式会社

メディコムの目指す姿

イメージ

医療ICTの幅広い領域で地域包括ケアをカバーするメディコム

医療・介護・健康の情報活用をメディコムのソリューションで促進します

国策である「地域包括ケア」に沿ったソリューション提供は、長年にわたり医療ITを先導してきたメディコムの責務であると考えます。高齢者が住み慣れた地域で安心して生活できるように、医療・介護・福祉の専門職が協働して適切な支援やサービスを提供する仕組みづくりが求められています。その実現には、医療・介護・健康すべての分野において、情報を利活用できるICTが欠かせません。メディコムは、多職種間をICTでつなぎ、施設医療や在宅医療、介護のシームレスなサービス提供を支援します。

イメージ

医療

診療所

メディコムの核となる事業領域のひとつとして「院内業務支援」があります。使いやすい機能や操作性、各種周辺システムとの連携を実現し、医療スタッフの業務効率化を支援します。

イメージ

病院

病院の機能分化はますます進展し、提供する医療サービスに特化して、さらなる経営の効率化が求められています。メディコムの病院用医事コンピューターは、進化する病院の経営をサポートしていきます。

イメージ

保険薬局

調剤、処方監査、薬歴管理、服薬指導など、医療の現場における薬局・薬剤師の役割はますます高まっています。メディコムは、在宅医療の分野などで医療機関と保険薬局との情報連携を促すサービスを推進し、業務効率化や薬剤師の負担軽減に貢献していきます。

イメージ

介護

医療と介護の包括的な連携の重要性が高まっています。そのためにはICTを活用した情報共有が欠かせません。メディコムはICTに不慣れな方でも使える操作性にも配慮しながら連携ソリューションを提供していきます。

健康

保険者/自治体

健康づくりを推進し、住み慣れた地域で安心して暮らしていける社会が望まれています。ICTの活用により、情報利活用を推進します。

イメージ

ICTによる情報共有「在宅医療共有システム」

診療所、保険薬局、介護サービス事業所などに分散する医療・介護情報をセキュリティーが確保されたクラウド環境で共有します。患者さん・サービス利用者の基本情報をはじめ、生活状況、治療・服薬履歴、訪問スケジュールなどの情報を共有し、多職種間の円滑なコミュニケーションを支援します。

在宅医療

ノートPCなどモバイル端末で自院の電子カルテをリモート操作する「モバイル端末オプション」と、事前に患者さんのデータをノートPCにダウンロードして持ち歩く「往診端末ソフト」により効率化をサポートします。

在宅服薬指導

タブレット端末を利用して訪問先で薬歴参照や実施内容を記録できる「訪問支援接続ソフト」をご用意。指導内容をPharnesIII-MXに自動送信できるので業務効率化が図れます。

※「MEDICOM」および「メディコム」は、パナソニック ヘルスケアホールディングス株式会社の登録商標です。