ENVIRONMENT 環境活動

環境活動

基本姿勢

パナソニックヘルスケア株式会社は、環境と経営の両立を目指し目的・目標を明確にしながら、地球環境との共存をはかった環境取組みをしています。

環境方針

当社は、患者様一人ひとりに最適な医療を実現するためのソリューションプロバイダーを目指しております。
また、事業活動を展開する社会の公器として、環境保全、資源保護への配慮は当社の責任であると認識しております。
この認識のもと、当社の事業活動、製品、サービスに対して、エネルギー、資源を効率よく活用し、地球環境との共存をはかった環境経営を推進して参ります。

1.環境マネジメントシステムの継続的改善

事業活動との結びつきをより強くしながら、構築した環境マネジメントシステムを効果的に運用し、環境パフォーマンスの継続的改善を図ります。

2.環境関連法規制等の順守

適用される環境法規制、条例及び受入を決めたその他の要求事項等はもとより、自主基準を設定し、順守します。

3.環境活動と汚染予防

  • 事業活動において、エネルギーを効率的に利用します。
  • 製品において、資源の有効利用、環境負荷物質の不使用等の環境配慮設計を行います。
  • 化学物質、廃棄物、土壌・地下水等の汚染予防とリスク低減を推進します。

4.環境活動の具体的な推進

環境活動の推進に当たり、環境目的及び目標を設定し、それらの具体的な計画を策定し、確実に実践すると共に定期的に見直しを行います。

2013年6月1日 改訂
パナソニック ヘルスケア株式会社

代表取締役社長  山根 健司