パナソニック ヘルスケア株式会社

ENVIRONMENT 環境活動

環境活動

基本姿勢

パナソニックヘルスケア株式会社は、環境取組みを経営課題の一つと捉え、環境方針を定め、その方針に則り、環境と経営の両立を目指した取組みを進めています。

環境方針

当社が経営理念で謳う「健康を願うすべての人々に 新たな価値を創造し豊かな社会づくりに貢献」することにおいて、環境取組みはその土台を成すものであると考えております。
そして、「社員一人ひとりが、社会の一員であることを強く自覚し、社会と共生」していくという当社の価値観から、社会において事業活動を展開する企業として、環境取組みは責務であると認識しています。
この認識のもと、当社の事業活動、製品、サービスに対して、エネルギー、資源を効率よく活用し、地球環境との共存をはかった環境経営を推進して参ります。
この方針は、国内外の当社の組織、及び関係会社全てに周知します。

1.環環境関連法規制等の順守

当社に関係のある国々で適用される環境法規制、条例を順守します。また、株主、顧客、地域社会等の利害関係者からの要請を考慮し、自主取組みを決め、順守します。

2.環境活動と汚染予防

地球温暖化への対応、資源の有効利用、化学物質等による汚染の予防、生態系への配慮は、企業の責務と認識し、次の取組みを実施します。

  • 事業活動において、エネルギーを効率的に利用します。
  • 製品において、資源の有効利用、環境負荷物質の不使用等の環境配慮設計を行います。
  • 工場において、化学物質、廃棄物、土壌・地下水等の汚染予防とリスク低減を推進します。
  • 対外活動において、より良き企業市民を目指し、地域活動に積極的に参画します。

3.環境マネジメントシステムの継続的改善

製造拠点において、事業活動と結びつけながら、構築した環境マネジメントシステムを効果的に運用し、環境パフォーマンスの継続的改善を図ります。

4.環境意識の向上

社員一人ひとりが自主的に環境取組みを実践できるように、環境に対する知識と意識の向上を図ります。


2016年6月1日 制定
パナソニック ヘルスケア株式会社
代表取締役社長  小谷 秀仁