パナソニック ヘルスケア株式会社

薬用保冷庫

MPR-715F

内容量
保冷庫 415L / フリーザー 176L
設定温度
保冷庫 2℃〜14℃ / フリーザー -20℃〜-30℃

特長

多様な薬品保存に適したワイドな温度レンジが魅力です

2℃〜14℃の薬用保冷庫と、−30℃の冷却能力を持つメディカルフリーザーを一体化したユニークな構造が特長です。幅広い温度域により、要保冷(15℃以下、禁凍結)や要冷蔵(2℃〜8℃)の薬品をはじめ、試薬や制限酵素、凍結血漿などの保存(−20〜−30℃)まで、多目的に利用できます。

設置場所に困らない幅900mm

製品幅900mmで、クラス最大の内容量を実現。

使いやすく管理しやすい細心設計

庫内温度の設定や表示は、設定誤差のないデジタル方式です。上段は収納物の確認がしやすいガラス窓付きの扉で、棚の収納物の大きさに合わせて、高さを調節することができる可変式です。

霜取りの悩みを低減したサイクルデフロスト除霜機構

保冷庫部は、サイクルデフロスト+冷却器温度感知方式を採用。冷却器への着霜時にも電源を切る必要がなく、自動的に除霜を行ないます。サイクルデフロスト時の除霜中は、庫内温度の上昇を低減する設計です。また、周囲温度が氷点下になった場合でも、除霜ヒーターが作動して薬品の凍結を防止し家庭用冷蔵庫にありがちな凍結トラブルを排除しています。

周囲温度の影響を受けにくいマイコン温度制御

保冷庫部は2℃〜14℃、フリーザー部は−15℃〜−35℃の範囲で設定できます。いずれもサーミスターセンサーが庫内温度を感知して、マイコン制御で温度調節します。また、保冷庫部とフリーザー部には、それぞれ独立した冷凍回路を採用し、各専用機に匹敵する性能を発揮します。

※(ご注意)
  • 畜冷剤の使用について
    本製品は、自然対流式(直冷式)フリーザーであり、凍結保存を目的とした仕様となっており、畜冷剤(保冷剤)の冷却用には適しません。 専用の強制循環式(ファン式)フリーザーをお勧めいたします。
  • 庫内温度設定が4℃以下の時、あるいは周囲温度が高湿度環境の時、サイクルデフロスト機構では、冷却器部の着霜を完全に除去できない場合があります。
    その際には、強制デフロスト機構により自動的に除霜します。この場合、庫内温度が一時的に上昇します。

保冷庫とフリーザーを一体化した、フリーザー付き薬用保冷庫の大容量タイプ

主な特長

  • 庫内照明はLED仕様。扉の開閉に連動し、扉を開けると点灯します。
  • フリーザー部は付属の庫内容器で、整理が容易にできます。庫内容器を外すと、網棚仕様をしてお使い頂けます。
  • フリーザー室庫内除霜処理後の水は、本体側面下部のホースで簡単排水。

外観

仕様

メーカー希望小売価格(税別)

寸法

カタログダウンロード

  • 薬用冷蔵ショーケース・薬用保冷庫・研究用保冷庫・血液保冷庫シリーズカタログ

    ダウンロード

オプション

商品カテゴリ

Topics

ワイヤレスモニタリングシステムのご提案
ライフサイエンス機器を「ワイヤレス」・「リアルタイム」でモニタリング
超低温保存のご提案
超低温保存のご提案
あなたの大切な試料を、幅広い温度帯とラインアップで安定保存。
パナソニック ヘルスケアからの「凍結保存ソリューション」