パナソニック ヘルスケア株式会社

閉鎖型細胞調製システム(アイソレーター)

CPWS system Cell Processing Work Station

特長

着脱式培養モジュール採用で複数ドナーの細胞・組織が扱える

主な特長

  • 澁谷工業株式会社開発による過酸化水素蒸気発生装置を搭載し、チェンジオーバー時にはバリデートされた高レベル除染が可能
  • 細胞培養モジュールは着脱式で、台数の追加により複数ドナーの細胞・組織を取り扱い可能
  • 大がかりなクリーンルームが不要で、イニシャル、ランニングともに大幅なコストダウンを実現
  • 高価な無菌衣が不要で、ランニングコストとともに、作業者の負担を大幅に軽減
  • ワークエリアに細胞観察モジュールを搭載し、細胞観察画像は液晶モニターに表示
  • 除染パスボックスを装備し、ワークエリアに持ち込む試薬・器具類の外装を過酸化水素蒸気により除染
  • 細胞培養モジュール、遠心分離モジュールがドッキングし、セルプロセッシングの一連の工程を無菌を維持したまま実現
  • 除染に要する時間を(1/2)に短縮(従来比)
  • ジョイントボックスの採用により、ワークエリアの無菌を維持しながら、細胞培養モジュールの入替が可能
  • ワークエリアの大型化により、消耗品収納ボックス、細胞観察モジュール収納エリアを確保し、使いやすさを向上

仕様

品名 閉鎖型細胞調製システム(アイソレーター)
ワークエリア寸法 幅1796㎜×奥行646㎜×高さ864㎜
外装 塗装鋼板
内装 ステンレス鋼板(SUS304)
前面ガラス扉 4グローブ式
清浄度 クラス100(ISO5) 設置環境グレードD(ISO8)以上
気流方式 垂直単一方向流型
除染方式 過酸化水素蒸気
内部圧力 60pa デジタル圧力モニター
電源 1φAC200V
品名 細胞培養モジュール(CO2インキュベーター)
外寸 幅597㎜×奥行561㎜×高さ620㎜
内寸 幅350㎜×奥行378㎜×高さ375㎜
内寸-幅 350㎜
内寸-奥行き 378㎜
内容量 約49L
CO2制御範囲 0~20%
器内湿度 95%RH±5%
電源 AC100V
品名 遠心分離モジュール
最大回転数 2100rpm
最大遠心加速度 970G
回転数設定範囲 100~2100rpm
加速・減速特性 3段階に設定可能
温度制御範囲 4℃~室温
電源 AC100V

メーカー希望小売価格(税別)

Cell Processing Work Station 価格は別途見積
Cell Processing Work Station 価格は別途見積
Cell Processing Work Station 価格は別途見積

寸法

カタログダウンロード

外観

Topics

ワイヤレスモニタリングシステムのご提案
ライフサイエンス機器を「ワイヤレス」・「リアルタイム」でモニタリング
超低温保存のご提案
超低温保存のご提案
あなたの大切な試料を、幅広い温度帯とラインアップで安定保存。
パナソニック ヘルスケアからの「凍結保存ソリューション」